読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変に手を抜いて開発した結果

締め切りが近いからスピード優先で実装しようということで、

とりあえず動くものを作ろうとした。

 

結果

・普通に作るよりも多少早く動くものだけはできた

・テストを書いてないから動作確認しにくい

・修正の度に動作確認(手動)

・なぜか作業フローまで雑に

フレームワークも使わず本当に最低限の実装

・作業が原始的すぎてストレス

 

結局変に手を抜こうとしないで普通に作ったほうがよかったなって印象。

手を抜く場所はテストを書かないとかそういう所じゃなく、自動生成のコードに頼るとか既存のライブラリを探すとかそういう楽の仕方をすればよかった。

というか、このレベルで妥協は普通しないものなのかな。

「品質vsスピード」ってなんなんじゃー