基礎からしっかり学ぶC++の教科書 読んだ

少しC++を使う事になったので勉強のために読んでみた。

 

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応 (マイクロソフト関連書)

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応 (マイクロソフト関連書)

 

 

前提

  • C言語を数年前にやったことがある
  • 普段はScalaを使ってるので少しだけならオブジェクト指向言語についてはわかる
  • C++はさっぱりわからん状態
  • 期限が近かったので早めに基本文法などを抑えたい

 

結論

  • 多少の前提知識があったからかもですが、かなり読みやすかった
  • 1ページ内の文字数も多すぎず少なすぎずで個人的にちょうどよく、内容の分かりやすさもありスラスラ読み進められた
  • 本のタイトル通り、押さえておくと良さそうな内容が一通り揃ってる印象を受けた
  • 基本的な部分を体系的に学習したい人とか、初めてC++をやる人にはかなりおすすめできる本だと思った

 

C++をやってみた感想

  • 変数のライフサイクル?というか、メモリを意識したプログラミングというか、そういうのを考えつつ書くの難しそうだなーと思った(JVMのちからってすげー)
  • プロトライプ宣言のために毎度ヘッダファイル書かないといけないのがなんかめんどい
  • autoは便利だけど明示的に型を示せないのが気になる…
  • 色んな書き方があるしコーディングスタイル勉強したほうが良さそうかも

 

WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、献本してもらったので、書評を書きました。

ありがとうございました。